古くから歴史がある「機械式時計」について思うままに語ります。

機械式時計の魅力

機械式時計の魅力とは

時計の基本的な作りとして「機械式」と「クォーツ式」があります。クォーツ式がバッテリーを動力源として動くのに対して、機械式はゼンマイを動力源として動く非常にアナログな時計です。

普通に考えればクォーツ式の方が便利ですしテクノロジーが日々進化している時代において、わざわざゼンマイで時刻を刻む時計を使い続ける理由がわからないという人もいるでしょう。

しかしそれでも多くの時計愛好家によって機械式時計は愛され続けています。老舗時計ブランドからも数多く販売されています。

その魅力は「一生使って子供に受け継ぐなら機械式」と言われるほどです。このブログではその機械式時計の魅力に迫ります。

基本的なこと。「自動巻き」か「手巻き」かなど。

機械式時計とひとくちにいっても種類は二通りあります。「自動巻き」と「手巻き」と言われるものです。どちらも動力源はゼンマイではるのですが、そのゼンマイを巻き上げる方法が違います。

●自動巻き
ローターという部品が作用して腕に時計をはめているだけで自動でゼンマイが巻き上がる仕組みとなっています。時計を使っているだけでほぼ自動で動くのでとても便利です。ただし腕から外してしまうとその作用は止まってしまいます。

●手巻き
ゼンマイを手動で巻くためにリューズをクルクルします。いちいち手で巻くので自動巻きに比べて手間がかかりますし、巻き具合も確認しないといけません。それでも手巻きが好きという人は多くいます。
1日のはじめに自分の手でゼンマイを巻き上げる作業をしないと締まらない、という時計好きもいるくらいなので愛着が持てるのかもしれません。

値段の違いについて

現在販売されている機械式時計の90%近くは自動巻きということなので中々比べることは難しいですが、単純化して比較してみたいと思います。

  • 自動巻き … 種類が多いことから価格帯も広く、40万~100万程度
  • 手巻き … 希少性が関係しているのかもしれませんが、70万~100万程度が

もちろんブランドやモデルによって大きく変わってきますのであくまで目安にしかなりませんので悪しからず。

新着情報

2015-09-27
「機械式時計を買うなら」を更新しました。
2015-09-27
「機械式時計の基本的な性能」を更新しました。
2015-09-26
「機械式時計の歴史と発明まで」を更新しました。
ページのトップへ戻る